猫日和

我が家の飼いネコつばさ君の日常や初心者向けに猫の飼い方など紹介しています

猫って爪を切らなきゃいけないの?

✔本記事の内容

爪切りはしなければいけない?必要性は?

爪を切る事のメリット

爪の切り方手順

「猫の爪って切らなければならないの?」「猫の爪ってどのくらい切ればいいのか分からない!」と初心者飼い主さんは思っていませんか?

この記事では猫の爪切りについて紹介していきたいと思います。

  

爪切りはしなければいけない?必要性は?

f:id:tsubasa0424:20200407200232j:plain

結論から言うと、爪切りはしなければならないという訳ではありません。

調べてみると一回も切ったことがないという飼い主さんも見られます。

猫は日頃から爪とぎを行います。猫の爪は何層にも重なっていて、爪とぎをすることで、古い層が剥がれ落ちるため爪切りをしなくてもある一定の長さを保つ事が出来るようです。

 

では何故爪切りをするかという事ですが、爪切りのメリットは大きく3つあって「怪我の防止」「家具への被害対策」「シニア猫へのケア」です。次でもう少し細かく説明します。

 

爪を切る事のメリット

f:id:tsubasa0424:20200407200531j:plain

①怪我の防止

②家具の被害対策

③シニア猫のケア

【①怪我の防止】

 猫の爪が長いと不意の動きで猫に引っかかれることがあります。とても痛いし腫れたりもします。

 

多頭飼いをしていると猫同士が喧嘩をする時があります。何かの拍子に強く引っかいてしまい流血沙汰・・・なんてこともあるので、爪を切ることで怪我の予防に繋がります。

 

  【②家具の被害対策】

家具を爪とぎする際の被害を減らすことが出来ます。

 

爪がとがっているとカーテンなどに引っかけることが出来てしまうため、身軽な猫だとカーテンを登ってしまいます。

 

そのまま登れればいいのですが、落下してケガをしたり、カーテンを破ってしまうなんてこともあります。

 

爪を切ったらカーテンを登らなくなったという話も聞くので困っている方は爪を切ることを考えてみてはいかがでしょうか?

 

また爪を引っかける際に爪が折れてしまう可能性もあります。ひどい場合爪が生えてこなくなり、病院で処置をしなければならなくいので気をつけましょう。

 

 【③シニア猫へのケア】

シニア猫は爪とぎが億劫になるのか、爪とぎの頻度が減る場合があります。猫は爪とぎをすると古い層が剥がれると説明しましたが、爪とぎの頻度が少なくなることで爪が伸びてしまい、巻き爪になってしまいます。

 

巻き爪になると自分の足に刺さって怪我をしたり、歩きづらくなてしまうのであまり爪とぎをしない猫は、普段から爪の様子を気にするようにしましょう。

  

爪の切り方の手順

f:id:tsubasa0424:20200407200230j:plain

爪の出し方

爪の出し方

爪を切り方

爪切りの種類

【爪の出し方】

 

猫の爪の出し方ですが、指先部分に爪の根元があります。ここを上下から挟むように押すと爪が飛び出してきます。 

 

強く押しすぎると猫が嫌がって爪切りが嫌いになってしまいます。

強く押く押さなくても爪は出てくるので優しくやりましょうね。

 

【爪を切り方】

 爪をよく観察すると根元の方にピンク色のクイックと呼ばれる部分があり、ここには血管や神経が通っているので絶対に切ってはいけません。

 

最初はどこまで切ればいいか、分かりにくいと思いますので爪先2mm位をカットするだけで良いと思います。

深爪をして猫が痛がったり出血してしまう事が一番良くないです。

 

自分でやるのが怖い場合、病院でやってもらうことも出来ます。

値段は病院によって違いますが、そこまで高いものではないはずですので、一度行きつけの病院に相談してみるのも手です。

  

最後に

 

慣れないうちはいきなり全部の爪をやろうと思わず、1、2本づつやったり片手だけやるなどなるべく時間をかけないようにしましょう。

家族がいる方などは誰かに抑えてもらうとやりやすいです。

 

それでは良きキャットライフを